2017年10月12日木曜日

私観:それでも自公政権が過半数割れをする7つの理由。


大手の新聞メディアがこぞって自公政権の圧勝の調査報道をするなか、あまりにも勝手な見立てではないかと、お叱りを賜るかもしれないが、昨年の米国大統領選でもヒラリーの勝利一辺倒だったマスメディアが、予想に反してトランプの勝利により、信頼と権威を失墜させたことは記憶に新しい。日本でも、それと同じように有権者の心理がそうかんたんに測れるものではないという状況が起こらないでもないというのはとても排除出来ないだろうと確信している。

1)森友・加計学園問題を闇に葬り去ろうとする意図がみえみえのなかで、総理の身勝手な冒頭解散をした現実は、国民のほとんどが疑惑の目を向けている。

2)まさに最高権力の側につく者が職権を乱用して公私混同の忖度を当然のように行っている。配下の官僚の弱みにつけ込み表に出ないように、網をはり行政への侵害をおこなってしまっていた。

3)憲法改正は時代にあわせての議論は必要だとは思うが、自衛隊の明記をした憲法九条の改正発議をいそぐ理由がわからない。希望の党の憲法改正の考え方は九条に限定することなく幅広く議論を進めていくということらしい。立憲・共産・民社の最初から反対反対では議論は先に進まない。共産党が希望の党は自公政権の補完勢力だというが、そういう見方だけでなく、反安倍政権では同じだという寛容な立ち位置も必要ではないかと思う。立憲と共産では明らかに憲法観に温度差が感じられるのは否めない。

4)アベノミクスが発せられて5年。企業の利益や内部留保額劇的に増えたものの未だに庶民には、お金が回らない。景気の実感がゼロなのだ。格差や不正が蔓延り、国家100年の計もない。目先の一部の企業の利益を追い求める陰で、世界から置いてけぼりを喰う状況打破にどう努めるか、羅針盤が見つかっていない。おなじ保守のライバルである新党のほうに新鮮みを感じる有権者は多いと見る。

5)これだけ、自公政権の圧勝報道をみると、自公に投票する有権者は安堵し、投票にいかないケースも多々あると見ている。自分が投票にいかなくても大丈夫という心理がはたらく。投票率が前回と同じだった場合、自公への投票に行かない人の代わりに、別の党に投票するケースが生じる。このとき、保守同士のつぶしあいで、自民党の議席が大幅に減るということになる。保守中道の無党派層がこれは大変だということで投票に向かうと言う具合だ。

6)北朝鮮問題は国難ではないという認識は有権者にはある。消費税の使い道は解散の理由にはならないことも認識しているはずだ。

7)まだ半数以上の有権者が投票先をきめていない。これから近来まれに見る有権者の厳しい候補者や政党への精査がはじまることになる。政党間で公示までのごたごたがあったので、メディアが勝手に議席数をデータで割り切るのは早計だと感じる人は多いと思う。


以上の理由で、今回の選挙は自公政権の過半数割れは必須と見ている。
自公が過半数をとったら予測を外した自責の念にかられるが、
その時私は日本の国民には未来はないと思うだろう。

2017年10月9日月曜日

A seat guess of a general election and a flow of a wind before an official announcement are read and untied.



After it's made public, there are restrictions variously, so at the front.
The expectation acquisition number of seats of each party will be predicted.
There is also a remark to which a specialist and a commentator are incomprehensible.
We, a voter wavers, doesn't he?
It's good and bad and which coterie doesn't say here?
A flow of social conditions and the time, while feeling, it's a prediction.
Further because poll of the mass media can be also opinion operation.
I'll see calmly.
By last year's race for Federal office.
MOYURUPEN which predicted a victory of Mr. cards before half year.
Now, what happens to this prediction? I'll see.........


Mr. Abe enforced the beginning dismissal of the Diet on September 25.
It was something which has no loyalty at all.
Because each opposition party had lack of preparations and a sense of bewilderment certainly.
The opening, I arrive, and, it would be dismissal.
Mr. Maehara becomes representation up to that for Susumu party of people.
An escape is knocked down sound from self-official political power, and disappears.
It was the shape as "party of a request" and the joining that a new party was started via Mr. Ozawa's agency.
The ideology of Mr. Koike and Susumu coterie of people is just different.
It can be said that the person's choice from which a way of thinking is different is all right.
That old Democratic Party of Japan took the reins of government which aren't decided?
It's because it became mixed in thinking way.
From common people's eye, there would be a lot of people who think uneasiness couldn't be denied.
However, Mr. Maehara the way of thinking is also near declares dissolution of Susumu party of people on Mr. Koike.
I made you a written promise to a coterie of a request as well as Mr. Koike.
Anyway the spirit which overthrows Abe government was felt and was also transmitted through the degree of seriousness.
Can I say each opposition party and some meaning that Abe government is overthrown and partial volunteer union?
Mr. Edano of a liberal party will be later, and starts "constitutionalism Democratic Party of Japan".
Mr. Koike seems to raise three cities of declaration with a meeting of restoration and cooperate.
Even if the one which is a problem is whether Koike Governor of Tokyo runs, but report of a television is seen.
A rasp as which further down isn't seen was here everywhere.
Is there surprise until an official announcement on the 10th?
It's a question whether coterie's leader nomination of a request is done to be slack at each district, it's being taken out.
A problem is order as a result of the election and isn't it ordinary to decide?
Even if a leader nomination object is flattered by force.
MIt's a question whether coterie's leader nomination of a request is done to be slack at each district, it's being taken out.
A problem is order as a result of the election and isn't it ordinary to decide?
Even if a leader nomination object is flattered by force.
Mr. Koike will know the fact which becomes a suitable victim of a rival political party.
The running is denied, but I'm the person from whom the consent by which a successor is a Tokyoite goes.
It's thought that I'd make up my mind and go out to a general election.
Because a negative campaign of media is a basis during an election period.
It would be better not to be confused so much.
The voting rate of each party at a proportional representation constituency is reported as poll.
There is a coterie who supports it every media, so the objective point of view is needed.
A voter is judging as irresponsible dismissal, in particular, Moritomo Kake school problem.
If self-publicity will be the current state political power maintenance, it can be said that the prospect it'll be without interference is big for the problem.
If a coterie of Koike request got the initiative and took office.
It's thought that a deliberation carried without exception becomes possible.
To start a new party, it's easy, for, it isn't possible.
Because criticism and an objection to Mr. Koike would continue hourly, but the voter isn't stupid, either.
I wouldn't worry so.
Good sense as voter's Japanese is believed personally and.
I have no choice but to follow a referee.
A prejudice seems to call many opposite votes becoming chronic and a dogma for LDP.
It has been put in LDP up to now.
The flow I say to the other party can also predict LDP and proportion in a constituency by the meaning as the punishment.
It doesn't possibly fall below the independent majority, and also.
It would be better to determine on 100 seat decrease.
The Komeito has an original identity.
It's the remonstrance role of LDP.
It may be the one which is that it's all right to be overcome.
I have just called whether the seat is slightly less maintenance of the status quo.
A coterie of a request is an eye of a typhoon of this election.
All together, a presence of Mr. Koike's running isn't certain.
The establishment for which I run is 10%. The acquisition number of seats will be 150-200.
It would change with a presence of Mr. Koike's running.
Constitutionalism Democratic Party of Japan is a group by the liberal councilor who doesn't want to go to a party of a request no matter what.
I don't come before I take office. It would be the very determinative number of seats.
When it'll be like the Communist Party, it seems.
A meeting of restoration is the same stance as Mr. Koike, but there is also a different place.
It's thought that it'll be the number of seats as much as Kimiaki and the constitutionalism.
Communist Party and constitutionalism Democratic Party of Japan are a similar stance, but the region of the follower doesn't seem to go out.
If Aramasa right is done, they can cooperate by the policy matters.







公示前の総選挙の議席予測と風の流れを読み解く。(Japanese)



公示以後はいろいろと制約があるようなので、その前に、
各党の予想獲得議席数を占ってみます。
専門家やコメンテイターのちんぷんかんぷんな発言もあり、
われら有権者は迷ってしまいますよね。
ここではどの党が良いとか悪いとか、言いません。
世相や時代の流れを感じながらでの予測です。
なお、マスメディアの世論調査は世論操作にもなり得るので、
冷静に見ていきましょう。
昨年の米大統領選で、
半年前にトランプ氏の勝利を予測していたMOYURUPEN。
さて今回の予測はどうなりますか。見ていきましょう・・・・・・・・。


9月25日、安倍氏が国会の冒頭解散を強行したが、
大義などはまったくないものとなった。
たしかに各野党は準備不足と戸惑いの感があったので、
その隙をついての解散だったのだろう。
それまで民進党は前原氏が代表となっており、
自公政権からさんざん打ちのめされ、逃げ場がなくなり、
小沢氏の仲介を経て、新党を立ち上げた「希望の党」と合流という形にはなった。
小池氏と民進党のイデオロギーは全くちがっており、
考え方が違う人の選別は仕方がないといえる。
旧民主党が決められない政治をおこなったのは、
思想的にごちゃ混ぜになっていたからだ。
庶民の目からすれば違和感は否めなかったとみる人は多かっただろう。
しかしながら、小池氏に考えかたも近い前原氏は民進党の解党を宣言。
小池氏とともに希望の党への誓約書をつくってまでやった。
とにかく安倍政権を倒すという気迫が感じられ、本気度も伝わった。
各野党も安倍政権を倒すという、ある意味、部分的有志連合ともいえるだろうか。
後日になってリベラル派の枝野氏が「立憲民主党」を立ち上げる。
小池氏は維新の会と三都市宣言を唱え、連携をするようだ。
問題なのは、小池都知事が出馬するかどうかだが、TVの報道を見ても、
どこもこの先が見えないでいるいらだちがあった。
10日の公示までサプライズがあるかどうか。。。
希望の党の首班指名をだれにするか、各方面で問いだ出してはいるが、
問題は選挙の結果次第で決めるのが普通ではないだろうか。
無理に首班指名対象者を祭り上げたところで、
ライバル政党の格好の餌食になることぐらい小池氏は知っているのだろう。
自身の出馬は否定はしているが、後任者が都民の納得のいく人なら、
覚悟を決めて総選挙にでるだろうとみている。
選挙期間中はメディアのネガティブキャンペーンが基本になっているので、
あまり惑わされない方がいいだろう。
比例区での各党の投票率が世論調査として報道されてはいるが、
メディアごとに支援する党があるので、客観的な見方が必要だ。
有権者は無責任な解散と見ており、とくに森友・加計学園問題が、
自公が現状政権維持になったら、その問題はお構いなしになる公算が大と言える。
小池希望の党がイニシアティブをとって政権をとったなら、
徹底した審議が可能になるとみている。
新しい党を立ち上げるのは並大抵ではできない。
小池氏への批判や横やりは絶え間なく続くだろうが、有権者もバカではないので、
そう心配することはないだろう。
個人的には有権者の日本人としての良識を信じているし、
審判に従うしかない。
自民党は慢性化と独断と偏見性が、多くの反対票を呼びそうだ。
これまで自民党に入れてきたが、
お仕置きという意味で、選挙区は自民党、比例は他党へという流れも予測できる。
ひょっとしたら、単独過半数割れどころか、
100議席減の覚悟はしておいた方がいいだろう。
公明党は独自のアイデンティティがあり、
自民党の諫言役にはなっているが、
押し切られるのは仕方がないことなのかもしれない。
議席はちょっと減るか現状維持といったところだろう。
希望の党は今回の選挙の台風の目になっている。
併せて、小池氏の出馬の有無がはっきりしない。
出馬する確立は10%。獲得議席数は150~200だろうが、
小池氏の出馬の有無で変わるだろう。
立憲民主党は希望の党にどうしても行きたくないリベラルの議員での集団だが、
政権をとるまでには至らない。極めて限定的な議席数になるだろう。
共産党と同じくらいになると思われる。
維新の会は小池氏とおなじスタンスだが、ちがうところもある。
公明・立憲とおなじくらいの議席数になるとみている。
共産党と立憲民主党は同じようなスタンスだが、亜流の域はでそうにない。
新政権ができたら、政策面で提携することもあり得る。