2017年12月11日月曜日

Japanese Government of the Rehm Duck state.



Mr.Trump are Israeli Jerusalemite metropolitan declaration and embassy move.
It's commented upon by all over the world.
On the other hand Japan cuts down criticism and avoids a comment.
Will courtesan-ization to USA also be continued now?
I oppose by a nuclear weapon prohibited treaty and.
The Japanese Government now falls into Rehm Duck certainly.
It may be unskillful suspicion, by Kissinger strategy of Donald Trump
From North Korean NPT re-joining and nuclear development freeze (nuclear approval) armistice, the end of the war.
And to suggest North Korean establishment of diplomatic relations and peace and friendship treaty with the United States.
Anyway make make Mideast situation more unstable.
You can also believe to make them point importance of a complex made in an army.
At Korean Peninsula which seems whether became stable even if it was so.
Because anxiety in a psychological military face doesn't disappear in Korea and Japan.
I'm thinking I'd become a victim of an American security business.
In other words, I have no choice but to continue weapon supply from USA.
President Donald Trump is the staunch businessman style which has repeated bankruptcy and revival.
They seem to be showing the ability by the White House and a salesman.
I'm thinking it's dashed against a wall by and by.
An idea of President Donald Trump's own country priority is understood.
To the extent it's done when trying to win that.
It's visible that the United States becomes the situation that I can't help getting off from the center stage of the world.
After Mr. Abe who would like to cling to him and maintain political power pulls and considers one step.
When not making the politics careful, Japan will be serious.
It may be the one by which that's the Japanese national crisis now.

2017年10月12日木曜日

私観:それでも自公政権が過半数割れをする7つの理由。


大手の新聞メディアがこぞって自公政権の圧勝の調査報道をするなか、あまりにも勝手な見立てではないかと、お叱りを賜るかもしれないが、昨年の米国大統領選でもヒラリーの勝利一辺倒だったマスメディアが、予想に反してトランプの勝利により、信頼と権威を失墜させたことは記憶に新しい。日本でも、それと同じように有権者の心理がそうかんたんに測れるものではないという状況が起こらないでもないというのはとても排除出来ないだろうと確信している。

1)森友・加計学園問題を闇に葬り去ろうとする意図がみえみえのなかで、総理の身勝手な冒頭解散をした現実は、国民のほとんどが疑惑の目を向けている。

2)まさに最高権力の側につく者が職権を乱用して公私混同の忖度を当然のように行っている。配下の官僚の弱みにつけ込み表に出ないように、網をはり行政への侵害をおこなってしまっていた。

3)憲法改正は時代にあわせての議論は必要だとは思うが、自衛隊の明記をした憲法九条の改正発議をいそぐ理由がわからない。希望の党の憲法改正の考え方は九条に限定することなく幅広く議論を進めていくということらしい。立憲・共産・民社の最初から反対反対では議論は先に進まない。共産党が希望の党は自公政権の補完勢力だというが、そういう見方だけでなく、反安倍政権では同じだという寛容な立ち位置も必要ではないかと思う。立憲と共産では明らかに憲法観に温度差が感じられるのは否めない。

4)アベノミクスが発せられて5年。企業の利益や内部留保額劇的に増えたものの未だに庶民には、お金が回らない。景気の実感がゼロなのだ。格差や不正が蔓延り、国家100年の計もない。目先の一部の企業の利益を追い求める陰で、世界から置いてけぼりを喰う状況打破にどう努めるか、羅針盤が見つかっていない。おなじ保守のライバルである新党のほうに新鮮みを感じる有権者は多いと見る。

5)これだけ、自公政権の圧勝報道をみると、自公に投票する有権者は安堵し、投票にいかないケースも多々あると見ている。自分が投票にいかなくても大丈夫という心理がはたらく。投票率が前回と同じだった場合、自公への投票に行かない人の代わりに、別の党に投票するケースが生じる。このとき、保守同士のつぶしあいで、自民党の議席が大幅に減るということになる。保守中道の無党派層がこれは大変だということで投票に向かうと言う具合だ。

6)北朝鮮問題は国難ではないという認識は有権者にはある。消費税の使い道は解散の理由にはならないことも認識しているはずだ。

7)まだ半数以上の有権者が投票先をきめていない。これから近来まれに見る有権者の厳しい候補者や政党への精査がはじまることになる。政党間で公示までのごたごたがあったので、メディアが勝手に議席数をデータで割り切るのは早計だと感じる人は多いと思う。


以上の理由で、今回の選挙は自公政権の過半数割れは必須と見ている。
自公が過半数をとったら予測を外した自責の念にかられるが、
その時私は日本の国民には未来はないと思うだろう。

2017年10月9日月曜日

A seat guess of a general election and a flow of a wind before an official announcement are read and untied.



After it's made public, there are restrictions variously, so at the front.
The expectation acquisition number of seats of each party will be predicted.
There is also a remark to which a specialist and a commentator are incomprehensible.
We, a voter wavers, doesn't he?
It's good and bad and which coterie doesn't say here?
A flow of social conditions and the time, while feeling, it's a prediction.
Further because poll of the mass media can be also opinion operation.
I'll see calmly.
By last year's race for Federal office.
MOYURUPEN which predicted a victory of Mr. cards before half year.
Now, what happens to this prediction? I'll see.........


Mr. Abe enforced the beginning dismissal of the Diet on September 25.
It was something which has no loyalty at all.
Because each opposition party had lack of preparations and a sense of bewilderment certainly.
The opening, I arrive, and, it would be dismissal.
Mr. Maehara becomes representation up to that for Susumu party of people.
An escape is knocked down sound from self-official political power, and disappears.
It was the shape as "party of a request" and the joining that a new party was started via Mr. Ozawa's agency.
The ideology of Mr. Koike and Susumu coterie of people is just different.
It can be said that the person's choice from which a way of thinking is different is all right.
That old Democratic Party of Japan took the reins of government which aren't decided?
It's because it became mixed in thinking way.
From common people's eye, there would be a lot of people who think uneasiness couldn't be denied.
However, Mr. Maehara the way of thinking is also near declares dissolution of Susumu party of people on Mr. Koike.
I made you a written promise to a coterie of a request as well as Mr. Koike.
Anyway the spirit which overthrows Abe government was felt and was also transmitted through the degree of seriousness.
Can I say each opposition party and some meaning that Abe government is overthrown and partial volunteer union?
Mr. Edano of a liberal party will be later, and starts "constitutionalism Democratic Party of Japan".
Mr. Koike seems to raise three cities of declaration with a meeting of restoration and cooperate.
Even if the one which is a problem is whether Koike Governor of Tokyo runs, but report of a television is seen.
A rasp as which further down isn't seen was here everywhere.
Is there surprise until an official announcement on the 10th?
It's a question whether coterie's leader nomination of a request is done to be slack at each district, it's being taken out.
A problem is order as a result of the election and isn't it ordinary to decide?
Even if a leader nomination object is flattered by force.
MIt's a question whether coterie's leader nomination of a request is done to be slack at each district, it's being taken out.
A problem is order as a result of the election and isn't it ordinary to decide?
Even if a leader nomination object is flattered by force.
Mr. Koike will know the fact which becomes a suitable victim of a rival political party.
The running is denied, but I'm the person from whom the consent by which a successor is a Tokyoite goes.
It's thought that I'd make up my mind and go out to a general election.
Because a negative campaign of media is a basis during an election period.
It would be better not to be confused so much.
The voting rate of each party at a proportional representation constituency is reported as poll.
There is a coterie who supports it every media, so the objective point of view is needed.
A voter is judging as irresponsible dismissal, in particular, Moritomo Kake school problem.
If self-publicity will be the current state political power maintenance, it can be said that the prospect it'll be without interference is big for the problem.
If a coterie of Koike request got the initiative and took office.
It's thought that a deliberation carried without exception becomes possible.
To start a new party, it's easy, for, it isn't possible.
Because criticism and an objection to Mr. Koike would continue hourly, but the voter isn't stupid, either.
I wouldn't worry so.
Good sense as voter's Japanese is believed personally and.
I have no choice but to follow a referee.
A prejudice seems to call many opposite votes becoming chronic and a dogma for LDP.
It has been put in LDP up to now.
The flow I say to the other party can also predict LDP and proportion in a constituency by the meaning as the punishment.
It doesn't possibly fall below the independent majority, and also.
It would be better to determine on 100 seat decrease.
The Komeito has an original identity.
It's the remonstrance role of LDP.
It may be the one which is that it's all right to be overcome.
I have just called whether the seat is slightly less maintenance of the status quo.
A coterie of a request is an eye of a typhoon of this election.
All together, a presence of Mr. Koike's running isn't certain.
The establishment for which I run is 10%. The acquisition number of seats will be 150-200.
It would change with a presence of Mr. Koike's running.
Constitutionalism Democratic Party of Japan is a group by the liberal councilor who doesn't want to go to a party of a request no matter what.
I don't come before I take office. It would be the very determinative number of seats.
When it'll be like the Communist Party, it seems.
A meeting of restoration is the same stance as Mr. Koike, but there is also a different place.
It's thought that it'll be the number of seats as much as Kimiaki and the constitutionalism.
Communist Party and constitutionalism Democratic Party of Japan are a similar stance, but the region of the follower doesn't seem to go out.
If Aramasa right is done, they can cooperate by the policy matters.







公示前の総選挙の議席予測と風の流れを読み解く。(Japanese)



公示以後はいろいろと制約があるようなので、その前に、
各党の予想獲得議席数を占ってみます。
専門家やコメンテイターのちんぷんかんぷんな発言もあり、
われら有権者は迷ってしまいますよね。
ここではどの党が良いとか悪いとか、言いません。
世相や時代の流れを感じながらでの予測です。
なお、マスメディアの世論調査は世論操作にもなり得るので、
冷静に見ていきましょう。
昨年の米大統領選で、
半年前にトランプ氏の勝利を予測していたMOYURUPEN。
さて今回の予測はどうなりますか。見ていきましょう・・・・・・・・。


9月25日、安倍氏が国会の冒頭解散を強行したが、
大義などはまったくないものとなった。
たしかに各野党は準備不足と戸惑いの感があったので、
その隙をついての解散だったのだろう。
それまで民進党は前原氏が代表となっており、
自公政権からさんざん打ちのめされ、逃げ場がなくなり、
小沢氏の仲介を経て、新党を立ち上げた「希望の党」と合流という形にはなった。
小池氏と民進党のイデオロギーは全くちがっており、
考え方が違う人の選別は仕方がないといえる。
旧民主党が決められない政治をおこなったのは、
思想的にごちゃ混ぜになっていたからだ。
庶民の目からすれば違和感は否めなかったとみる人は多かっただろう。
しかしながら、小池氏に考えかたも近い前原氏は民進党の解党を宣言。
小池氏とともに希望の党への誓約書をつくってまでやった。
とにかく安倍政権を倒すという気迫が感じられ、本気度も伝わった。
各野党も安倍政権を倒すという、ある意味、部分的有志連合ともいえるだろうか。
後日になってリベラル派の枝野氏が「立憲民主党」を立ち上げる。
小池氏は維新の会と三都市宣言を唱え、連携をするようだ。
問題なのは、小池都知事が出馬するかどうかだが、TVの報道を見ても、
どこもこの先が見えないでいるいらだちがあった。
10日の公示までサプライズがあるかどうか。。。
希望の党の首班指名をだれにするか、各方面で問いだ出してはいるが、
問題は選挙の結果次第で決めるのが普通ではないだろうか。
無理に首班指名対象者を祭り上げたところで、
ライバル政党の格好の餌食になることぐらい小池氏は知っているのだろう。
自身の出馬は否定はしているが、後任者が都民の納得のいく人なら、
覚悟を決めて総選挙にでるだろうとみている。
選挙期間中はメディアのネガティブキャンペーンが基本になっているので、
あまり惑わされない方がいいだろう。
比例区での各党の投票率が世論調査として報道されてはいるが、
メディアごとに支援する党があるので、客観的な見方が必要だ。
有権者は無責任な解散と見ており、とくに森友・加計学園問題が、
自公が現状政権維持になったら、その問題はお構いなしになる公算が大と言える。
小池希望の党がイニシアティブをとって政権をとったなら、
徹底した審議が可能になるとみている。
新しい党を立ち上げるのは並大抵ではできない。
小池氏への批判や横やりは絶え間なく続くだろうが、有権者もバカではないので、
そう心配することはないだろう。
個人的には有権者の日本人としての良識を信じているし、
審判に従うしかない。
自民党は慢性化と独断と偏見性が、多くの反対票を呼びそうだ。
これまで自民党に入れてきたが、
お仕置きという意味で、選挙区は自民党、比例は他党へという流れも予測できる。
ひょっとしたら、単独過半数割れどころか、
100議席減の覚悟はしておいた方がいいだろう。
公明党は独自のアイデンティティがあり、
自民党の諫言役にはなっているが、
押し切られるのは仕方がないことなのかもしれない。
議席はちょっと減るか現状維持といったところだろう。
希望の党は今回の選挙の台風の目になっている。
併せて、小池氏の出馬の有無がはっきりしない。
出馬する確立は10%。獲得議席数は150~200だろうが、
小池氏の出馬の有無で変わるだろう。
立憲民主党は希望の党にどうしても行きたくないリベラルの議員での集団だが、
政権をとるまでには至らない。極めて限定的な議席数になるだろう。
共産党と同じくらいになると思われる。
維新の会は小池氏とおなじスタンスだが、ちがうところもある。
公明・立憲とおなじくらいの議席数になるとみている。
共産党と立憲民主党は同じようなスタンスだが、亜流の域はでそうにない。
新政権ができたら、政策面で提携することもあり得る。





2017年8月22日火曜日

"Current in the age and the future character"

A person in the lead-like viewpoint in the time (key man) exists certainly in a world in everytime.
How is it in the time current as of now? Who on earth applies to that?
Does Mr. Donald Trump kill, and agree with a key man in the time now?
When making the conditions, that would be possible. With its condition?
A theme by which only USA benefits in Make America Great Again doesn't apply.
When I try to carry a selfish style as an American first baseman through.
SERARU NO is open to simultaneous criticism from the world, and a natural thing.
Because American leaders, with PAKKUSUAMERIKA-NA (military power principle).
The world order by a pre Ton Wood system is built and mentioned after the war.
It's because it was trusted in from the world.
But since it's put in the Cuban Crisis.
A doctor (Guevara) and a lawyer (Castro) stand up and drive a pro-government in the US.
Since I made a revolution succeed, the power of USA was being descended.
USA "builds the world without stones" while having the overwhelming military power.
But truth is reverse idea and that's impossible realistically.
It was only a lie of Mr. OBAMA.
Mr. OBAMA is a lowest president after the war.
Mr. cards are the one such as postwar end presidents.
I think I get a mark.
It's impossible to be able to abolish a stone by the world order current as of now.
Only a permanent member of the Security Council can admit nuclear possession, and anything but that isn't permitted.
The thing considered now admits nuclearization in North Korea by the end of 2017.
U.S.-North Korea establishment of diplomatic relations and U.S.-North Korea peaceful friendship conclusion.
And signing in the end of the war is done from an armistice in Korean Peninsula.
The country in possession which makes NPT join North Korea and is a stone.
It's to establish tying which devotes itself to nuclear peaceful utilization of Mr. positive kindness.
Negotiations should be done for realization within the year under the surface of the water now.
Mr. positive kindness who says by media finds out that the launch is impossible.
In Japan where I'm fanned into USA and go against a flow in the time
A military disposition of Aegis and ASHOA can't help be done.
A distrust to Abe political power would also recur.
There is true meaning of cards in smooth related building with North Korea, China and Russia.
Japan would be able to press for diplomacy outside the mosquito net from now on.
A sentence president is strengthening dialogue cooperation with the north in Korea.
The future eternity doesn't disappear by the diplomacy now for furious antipathy to an old relation of the Japanese military.
The secret treaty by which Mr. Putin is Yalta (The four northern islands are ruled.)
It's here to be just protecting and get a president job until 2024 honestly.
There would be no concluded abdomens for a peace pact of Japan and Russia.
Mr. shuu Chinahira seems to aim at regression of a former dynasty by the whole plan directly.
Politics by the Communist Party party dictatorship is limited.
When it's reborn by democratization, there is a possibility that I get away in the country where the world is led.
Even if economy expands, since getting away, the hearts of the people don't come to talk.
It's said that an approval rate descends Mr. cards.
There was no intention which becomes a president from the beginning as him.
I defeat OBAMA and Hillary. The purpose is a fulfilled reason by an inauguration.
Only the weak point is exposed by Masaji to him who is an amateur.
Mr. Kissinger tries to use that for a diplomatic strategy well.
In other words, make advance it by the shape that I'm desperate and call North Korea and USA a peace pact conclusion.
You assume that it's to lose Far Eastern military unstableness.
U.S.-North Korea will be that I'm carrying on negotiations under the surface of the water.
Without Mr. cards' waiting for tenure of office, a possibility that I abdicate the throne to a penny vice-president is high.
Even if it's seen, how ordinary isn't the situation of the White House now?
Japan is impossible under Mr. regression of Imperial Headquarters and American subordination-oriented Abe.
The leader it'll be next gets the suitable interval with five UN permanent directors.
Japan, with the insistence reasonable appropriate for a personal independent country.
To behave oneself should assume serious proportions.
The time now is 50 years later, 100 years later and 1000 years later.
To imagine how to be drawn?
When a war, discrimination and the financial differential are thought to be peaceful.
I'm certain that it'll be something valuable.


2017年7月20日木曜日

はいこちら、2020東京五輪(第九章:その二)

■「初めて読まれる方へ」■
・・・・・・小学生時代からの幼なじみである船橋君とは、偶然にも中堅の広告代理店の同期入社となる。その15年後、船橋君の長女みどり君は名門のプロテスタントの中高一貫校の学生になり、彼女は深田恭子似の絶世の美女に育っていた。僕は美大で油彩を学び、船橋君は六大学の商学部で学んだ。みどり君と僕はピュアな慕情関係となってしまった。僕の娘千鶴もみどり君の学校で一緒だが仲は余り良くない。それから数年後、2020夏季五輪の開催が東京に決定。すでに都庁に就職していたみどり君は五輪準備委員会のメンバーとなった。だが、東京に決定したとは言え、問題が次から次と津波のように押し寄せる。2020東京は本当に大丈夫なのだろうかと、この目で追い続けるのは、時代の証言者としての責務でもある。開催までの出来事とフィクションでのエンターテインメント性を織り交ぜながら話を進めていきます。・:・・・・


★目次・進捗状況★
「はい、こちら2020東京五輪」(Behind the Story 2020tokyo)
<2015年~20208月の開催日まで継続予定です>
■[2015]第一章 透明慕情:その一~その四
■[2015]第二章 2020東京オリンピック開催決定:その一~その六
■[2015]第三章 1940-2020 歴史は繰り返す:その一~その八
■[2016」第四章から第七章(予定)
■[2017」第八章から第十章(予定)
■[2018」第十一章から第十三章(予定)
■[2019」第十四章から第十六章(予定)
■[2020」第十七章から第二十章(予定)

<登場人物>

・僕:中山正輝
・僕の妻:恵理子(野猿系)
・僕の長女:千鶴(野猿系)
・同僚:船橋真吾(イケメン系:代表権のないくろくま広告社社長)
・船橋くんの妻:美智子夫人(ハイソ系:くろくま広告社会長<実質的な経営者>)
・船橋くんの娘:絶世の美女:みどり君
・銀座マネキン嬢(昼は銀座通りのマネキン嬢、夜は銀座のサロン嬢:ユキ、ナオミ、サトミ、ミキ他。全員国立大出身のインテリ)
・安土城天守閣での時空を超えた歴史上の人物の面々。
・美大の後輩:安藤(アートディレクター、ソラミミスト:今東光似の毒舌家)
・くろくま広告社元会長:広瀬弘文(美智子夫人の父)
・銀座の若旦那衆他
・霞ヶ関官僚、国会議員他
・その他随増殖・・




「はい、こちら2020東京五輪」(Behind the Story 2020tokyo)



第九章 「風雲急ニッポン」



<第九章:その一>


先日船橋君の知人でダンサー兼女優を目指しているM嬢が、博品館劇場でのイベントに出演するというので、僕と安藤、そしてマネキン嬢達が招待された。水谷豊さんのプロデュースで、M君も頑張っていた。MLBカフェでも素敵なダンスを披露していたが将来が楽しみだ。個人的には、彼の伴侶である元キャンディーズの伊藤欄ちゃんのファンだったので、今はどうしているかなと気になっている。マネキン嬢のあけみ君、ユキちゃん、望ちゃん、みどり君、お局のさくら嬢も資生堂パーラーで楽しんでいた。

「よかったねーーーー、Mちゃん」
「あのセリフと優しい言葉使いは天性のものんだわよね~~」
「どこかの、ちがうだろー!この禿げぇーーー。このやろー!と弱い者イジメをする国会議員さんとは、ちがうわよねーーー」
「人間でないものと比較するのはよくないわ。違うだろ―・・・・」
「ユキちゃん、テレビの音声聴き過ぎておかしくなったんじゃない?」
「あんな風にはなりたくないわよね」
「そんなつもりはなくても-、車の運転中にパワハラは犯罪よね」
「もう議員生命は終わりじゃん、もう終われば・・・」
「もうすぐ都議選ね、投票いった?」
「あたいたち人形には選挙権あるわけないじゃん」
「そうだよね、でもなんだかんだ言っても小池ちゃん勝つんじゃない・・・」
「たぶんねー、自民はかなりやばい。解散するかもね。中山さんも言ってた・・」
「ま、どっちでもいいけど、あたし達の生活には関係ねぇだろ~~~」
「なんかみんな豊田調のミュージカルやってるみたい」
「もうその音声の話はよそうよ。気持ち悪くなる。女なら女らしく、怒るときは筆談で・・・」
「そうよ、そうよ、そうしましょう・・・」
「森友学園や加計学園も迷走中ね。ニッポンは変な国・・・」
「証拠があっても知らない?認めない?」
「それって、目の前で犯罪を犯しても、私はやってない、というのと同じじゃない」
「やったもん勝ちの国なんだ~」
「マネキンの私達の敵?」
「でも、普通のニッポン人はとてもいい人よ・・・」
「権力の中枢に入ると人間は変わるんだ・・・」
「もし、秘書が喧嘩っぱやい人だったらどうなってたんだろう。想像出来る?」
「できる、できる。こんな刑事事件になるんじゃないの・・・」

『ちがうだろ~。ちがうだろ~。このハゲ~』
『なんだとー、このやろう、いったい誰に向かっていってんだよう』
『真由子様の言うことが間違っていると言うのかよ~』
『っ当たり前だろう、お前が間違ってるんだよ~』
『今日中に配り終えろよ~今日中に~』
『なんだと~てめぇがやれ~』
『死ねば~』
『あぁ、死んでやるよ~、その前に車を降りて俺にひざまづけ・・・』

「こんなことも、ありえるんじゃない?」
「あたいたちには、関係ないこと。それより、麻央ちゃん可哀想だったわね~」
「人間の乳がんって大変みたい。あたいたちにはないけど・・・」
「でも、人間さんはちゃんと定期検診必要ね」
「北朝鮮のミサイル情報って、税金の無駄遣いじゃないの~」
「正恩ちゃんとトランプちゃんが平和条約むすぼうって時にね。ちゃんちゃら可笑しい」「ムーニーの安倍ちゃんがやるんだからたかが知れてるわ・・・」
「国民は迷惑千万・・・・」

僕達三人はいつも彼女達の会話を聴くのが実に楽しく感じる。存在自体に裏も表もないからだ。あの国会議員のようになったら人間おしまいだ。昨今の代議士はどうも人格がおかしいように思う。既婚者なのにわざわざSNSで重婚相手と結婚式の写真を載せる常識のなさ、献金をもらいながら表沙汰になると逃げ口上となったり、自衛隊を党の専属のような発言をしたり、忖度が重大なパワハラとして感じなくなった代議士たち・・・。こんなことで2020年の五輪は立派に開催できるのだろうかとこの日我らは、足取り重く、暑気払いに行くのだった・・・・・。




<第九章:その二>


 小池都知事の猛進ぶりには頭が下がるが、国政に影響を与えたダメージは限りなく大きい。都知事が国政に関与するのは問題外だが、押されるように物事は進まざるをえない状況が今の日本にはあるから仕方がないことなのだろう。森友や加計学園と安倍氏個人の関係はもはや疑いようのない物になり、全容が解明されるのは時間の問題だろう。その時、永田町には風雲急の出来事があるに違いない。

 歴史はまた繰り返されるのだろうか。米国では2008年にリーマンショックが世界を襲い、金融不安を誘いこんだことは記憶に新しいし、忘れることはないだろう。それ以前には住宅でのサブプライムローンが全米で問題になっており、不良債権を証券化し市場に廻しこむという荒業が、ウォール街の金融工学者の発明されていた。結果的には公的資金で救われるところは救われ、なぜかリーマンブラザーズは標的になり、生け贄にされていたの。およそ7000兆円にものぼる不良債権は何処へ行ったのだろうか。。。いまだに、リーマンショックの原因がわかってはいても、政治に関わる人達(エスタブリッシュと言う既得権者)は、ウォール街詣でを辞める気配はない。クリントン元大統領夫妻は民主党でウォール街とは疎遠と思いきや金融街での講演料が一億円ともいわれ、オバマ氏でさえその倍くらいの講演料をもらっているという。クリントンキャッシュの疑惑はどこへいったのだろうか。両者とも年間2000万円~3000万円の公的年金が保証されているにもかかわらず、縁を絶ちきれないのは何故なのか。ウォール街と離れては都合が良くない事情もあるのだろうとだれでも勘ぐりたくもなるドナルド・トランプ氏が一体どこまで本気で本丸に挑むのかは未知数どころか、彼もミイラ取りがミイラになる可能性が排除出来ない状況となっている。
 そしてこんどは、車のサブプライムローンと学生ローン破綻が押し寄せる。
非正規の労働者でも何百万円もの高給車を売りつける。支払い能力の限度を超え信用がなくても車が買える。買い手が返済できなくなっても再契約の繰り返しで、危険性があってもディーラーは売り上げを伸ばそうとするだろう。例えばバリューローンというのがあるが、新車の3年間は利息だけ払って最終回支払時に全額払うという契約。全額は無理だからあらためて、再契約をし同じ事を繰り返す。10年で3回もやれば車の市場価値も下が、思うように下取りはできず、契約を解除すると車は二束三文で買われ高額な借金だけが残る。1000万円もの学生ローンを組み、いざ就職しようにも割にあう勤め口にありつけるのは恵まれた部類にはいるだろうが、学生ローンを払いながらだと、まともな稼ぎではとてもまかないきれないのは明白。車も学生ローンも、再び金融不安を巻き起こす起爆剤になるのは時間の問題だろう。
マガノミクスはトランプ氏のMake America Great Againを混ぜて作られた用語で、レーガノミクスの呼び名を真似たものそうだが、財政的には同じような道を辿るような予感はする。日本では、アベノミクスの道は泥んこ状態で、視界も見えなくなったことは言うまでもない。日本では新たな指導者が望まれている。権力をかさにして、気に入った特定の者への計らいや、便宜を法律をかいくぐって、こそこそとつまらない野心を求める官邸は、未来ある後身に道を譲り、国家百年の計を論ずる明るい世論を形成し、正しい羅針盤を設置する義務がある。余命幾ばくもない永田町の老害政治では、これからの世界の流れにはついてはいけないだろう。僕達三人は、猛暑をかいくぐって武蔵境のパワースポットで、リラックスタイムを満喫した。